芸術は爆発だ!念願の太陽の塔へ潜入!

太陽の塔 内部公開 日記

大阪府は吹田市にある万博公園のシンボルとしてそびえ立つ大要の塔。
念願がかなってようやくその内部を見ることが出来た!

実は去年の10月29日に改装前の内部観覧が限定であったんだけど残念ながら抽選で外れてしまったんよね。
もし当たってたら最高の誕生日やったのに!
ちなみに10月29日がわたくしの誕生日でございます。

それはさておき今年の1月から予約がスタートしたのでスタート初日にサーバー落ちとひたすら戦いながら何とか予約に成功!
今回の閲覧となったわけでございます。

まずは太陽の塔のおさらい

太陽の塔 内部公開
太陽の塔(たいようのとう)は、芸術家の岡本太郎が制作した芸術作品であり建造物である。
岡本太郎の代表作として同時期に制作された『明日の神話』とで双璧をなす。
1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会(EXPO’70・大阪万博)のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も引き続き万博記念公園に残された。
高さ70mの塔で、その上部の顔についた目は日没とともに光る仕様であり、万博後中断されたものの2010年3月末ごろより再び毎晩点灯している。
塔の内部は「生命の樹」と呼ばれ、生物の進化というテーマに沿った模型が置かれており、万博後非公開とされたが、何度かの限定公開を経て2018年3月中ごろに再び公開された。
これに合わせて地下空間「いのり」に設置されていたが、行方不明となっていた「地底の太陽」が復刻された。

Wikipediaより

この最後の2行の部分をメインとして見て来た訳やな!

いよいよ内部へ!

写真を見てもらえば分かるけど残念ながらこの日は曇りやったけど雨が降らなかっただけマシかな。
春先ということもあって花もきれいに咲いてたわ。
名前は分からん笑

太陽の塔 内部観覧
予約はネットでしたんだけど、予約完了時に届くメールからQRコードを表示できるようになっているので、それを万博公園の入り口の太陽の塔内部公開用窓口で係員さんに見せると万博公園と太陽の塔の両方の入場券が同時購入できる仕組み。

ゲートを入場したら太陽の塔の前の広場の周りをぐるーっと歩いて、太陽の塔へ向かう。
太陽の塔の裏側に地下への入り口があるんやな。

太陽の塔 内部観覧
入り口から地下まで細い通路になっててそれをずずーっと進むと地下の入り口があり中にロビーがある。
お手洗いもこのときすませるんやで笑
ロビーでチケットを見せてここから念願の内部へ潜入というわけや。

太陽の塔 内部見学
残念ながら内部はカメラ撮影禁止だったので写真は撮れへんかったけど、とにかくすごい迫力で圧巻やったわ。
復元された地底の太陽も当時はなかったはずのプロジェクトマッピングで演出されていて、そのフロアだけでも10分ぐらいはゆっくり見ていられたわ。

そこからいよいよ本体内部の「生命の樹」を最下層からアナウンスに従い階段を使いゆっくり閲覧していく。
生命の樹を下から見上げたときはただただ圧倒された。
当時はもっとオブジェクトが多かったということ矢からもっと密度の濃いものやったんやろなぁ。
照明も今はLEDのくっきりした光だけど当時は電球だろうし、また見え方も違ったんじゃないか?とか色々想像しながら見てたわ。

生命の樹を登るにつれて生命も進化していく、様々なオブジェは当時のものと復元したものの混合らしい。
当時はエスカレーターがあったとかいろいろ話も聞けたし、腕の内側も見れたり、当時のままの案内板も見れた。

本当に圧倒的な体験だったわ。
数年したら予約で埋まるなんてのも無くなるだろうしまた是非行きたいと思う。

太陽の塔を出たら黒い太陽が見送ってくれた。

太陽の塔 内部見学
入る前も思ったし出てからも思ったけど、つーか毎回思うんやけどやっぱり近づくと太陽の塔ってでかいなぁ。

太陽の塔をたっぷり楽しんだ後はちょうど大陶器市ってのをやってたのでそっちも楽しんできたわ。
こっちは陶器を選ぶのに夢中で写真を撮るのを忘れてしまったわ笑
結局何も購入はしなかったんだけど見ているだけでこっちも楽しかった。
見てて気づいたんやけど、陶器を持ってくるのも持って帰るのもそれぞれ割れないように新聞紙などの緩衝材に包んでるわけで、出店の行き帰りの準備めっちゃ大変そうやなと思ったわ。

大陶器市を見終わったあたりで腹が減ったので万博公園に隣接するエキスポシティでご飯を食べてぶらつくことに。
日本一の観覧車があるんやで。

エキスポシティ 観覧車
料金高いし乗ったこと無いけどな笑

また人気が出てきたのか?季節の影響なのか?ずいぶん人多め。
何となくぶらぶらしながらフードコートへ。
ここのフードコートめっちゃ広いんよなぁ。
ぐるーっとフードコートを回って何を食べるか迷って結局天丼にしたわ。
もう15時くらいだったのでどこのお店も空いてたわ。
おかげですぐに飯にありつけた。

万博公園 エキスポシティ
880円やったかな?普通の天丼。
なかなかのボリュームで思ってたよりおなかいっぱいになって満足。
んでいつも思うんやけど定食屋とかこういう天丼屋とかのセルフサービスの漬物ってやたら旨いの多くない?笑
ここのも妙に旨くてパクパク食べてもた笑

食後はもう疲れてたので北野エースとカルディだけちょろっと見てエキスポシティは終了。
最後にガンダムをパシャり。

エキスポシティ 太陽の塔
ここのガンダムもたまに違うのに置き換えてくれたらええのに。

とにかく太陽の塔の内部は圧巻だった!

地底の太陽と生命の樹。
ほんとに圧巻という言葉がぴったりくる!
とくに生命の樹を下から見上げたときのあの感じは当分忘れられへんし、当分は余韻にひたれるレベルやわ。
岡本太郎ってほんとすごいわ。
そして当時の万博を生で見てみたかったなぁとしみじみ思う。
もし行った事無い人はついでに太陽の塔のそばにあるEXPO’70パビリオンも見学してほしい!
当時の万博の様子が分かるパビリオンやで。

とにかく!こういうのに興味があってまだ見て無い人は是非自分の目で見てほしい!
数年後に予約が不要になったらまた見に行こう。